バイオディーゼル燃料 最新型ディーゼルエンジン対応

コモンレール式以降のディーゼルエンジンにも対応

近年、ディーゼルエンジンに対する排ガス規制が年々強化される傾向にあります。

そのため、エンジンの駆動力の損失を引き起こす、従来の機械式噴射ポンプに代わって、コモンレール(電子制御の噴射)式やユニットインジェクター式噴射ポンプなどの高精度で燃料を噴射し、きめ細かくコントロールする高圧燃料噴射システムが用いられています。

このようなシステムを用いる事で、非常に高度な燃焼制御が可能となり、過濃な混合気が減少するため高出力エンジン、クリーンな排気ガスを実現しています。

上記のように、ディーゼルエンジンの技術進歩により、バイオディーゼルも、より高い品質を求められるようになりました。

従来通りの製法による製品(B.D.F)を利用したことにより、新型車両での燃料フィルターや噴射ポンプなどに不具合が見られる事例も後を絶ちません。

弊社は、新長期の排ガス規制をクリアしたコモンレール式エンジンの車両やポスト新長期排ガス規制対応のコモンレール式エンジンの車両に対応できる軽油代替燃料の販売をさせていただいております。

ページトップ