廃食用油リサイクル 回収可能エリア

二酸化炭素「CO2」の排出量がゼロ(カーボンニュートラル)

バイオディーゼル燃料は地表の植物由来の燃料です。
植物を燃やしたりすると、光合成で貯め込んだCO2を空気中に排出します。
しかし排出される炭素は元々、大気中に存在していたものですから、炭素の排出量に関して収支はゼロと見なすことができます。
また、温室効果ガス抑制を目標とした京都議定書においても二酸化炭素の排出にカウントされないことが取り決められております。

反面、軽油などの化石燃料由来の燃料は地下資源から精製されています。
そのため、今の地表には無い「過去の産物を「今」、燃やしていることで、地表のCO2は増加してしまいます。

有害物質の削減

バイオディーゼル燃料の排気ガスは軽油に比べて、窒素酸化物は微増になりますが、不燃炭化水素を93%、一酸化炭素50%、粒子状浮遊物質を30%減少させ、発ガンリスクを93.6%削減するとの研究結果も出ています。
何より硫黄分を含まないため、煙をほとんど発生させません。

軽油と変らない燃費と性能

軽油と比較した場合に同等の燃費と走行性を維持することが可能です。

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)
などの活用が可能

軽油をバイオディーゼル燃料に切り替えCO2削減を実施した際に、そのCO2削減量を国が認証し、クレジットとして売却できる制度を活用することが可能です。
国内クレジット制度を活用することにより下記のメリットがあります。

  • 企業イメージ向上(社会へ、取引先・消費者へ、社員へ)
  • 事業に取り組む事による社員の環境・省エネ・省コストの意識向上
  • クレジット売却による収入

認証に係る費用は、国内排出量削減認証取引制度:基盤整備事業という経産省から委託を受けている民間事業所に依頼をすることで、費用負担無しで実行していくことができます。(但し、削減量が50t以上あること)

 

ページトップ